コイーバ シグロ3 (COHIBA)

画像



評価:【S】
価格:2600円/本
時間:100分(終盤にかなり粘った為)
分類:プレミアムシガー
生産:キューバ
サイズ:グランコロナサイズ(長さ:155mm 太さ:16.67mm)
加湿:店舗で加湿管理数ヶ月


■見た目
Cigar Aficionado'sでレーティング95点という脅威の葉巻らしい。
あの標準的旨さを誇るモンテクリストNo.4が同レーティングで90点という事からも、尋常ではない旨さを予感させる。
見た目は明るい茶色。
肌はスベスベしており、しっとりしていて作り込みが素晴らしい。
触れると芯が硬いが表面はフワフワ柔らかい。
木系の旨味そのものの香り、香りそのものは強くない。
心なしか甘いような香りもあるか?
評価も価格も高い葉巻だけに、大いに楽しみ。

着火、20:20。

■序盤
一口めから、豊かな木系の旨味。
特徴的な旨味であり、甘味も強くあるが、旨味に内包されていてセットになっているような甘味、これを総じると、上品ななめし革風味。
この旨味は、他では味わえない、大変旨い。
スパイシーさという感覚とは少し違うが、中華料理系香辛料的な何かもほのかに漂う。
吸い込みは標準よりやや固めの個体か。
灰の色は白。

■中盤
木系の旨味の内部に甘味が内包されている感覚は変わらず。
スパイシー感が強くなりつつあり、良いバランスを作り出している。
ラフに喫おうと丁寧に喫おうと、安定して旨い。
何をしても嫌な感じが出ない完成度はサスガ。
懐が深いというか、幅が広いというか、様々な状況においても常に最高の味わいで安定している。

■終盤
全ての味わいが均等均質に強さを上げて来て、まとまった一つの濃度の高い味わいとなり、最高潮を迎える。
ここに来て、レーティング95点を実感、唸る旨さで幸せ。
これぞ飽和攻撃、旨味という火力の集中投入をされ、無条件降伏寸前、又は気絶寸前の感覚を味わう。
濃厚で芳醇なこの旨さは忘れる事は出来ないだろう。
個人的に最後の濃厚な旨さは好みにジャストミートで、気絶しそうな旨さ。
過去最大の粘り、2センチ弱という粘りを見せ、「火傷しても指が残ればいい」とまで思わせる旨さ。
熱さの限界まで粘り、泣く泣く終わる。

■後味
22:00、喫い終わる。
約100分も喫っていたが、旨さの為に終盤に粘りに粘った事による。
色々な旨味が口内に残るが、とにかく旨い後味としか言えない。
リフレッシュは不要、と言うよりも、リフレッシュをしたくない。
余韻に永遠に包まれていたい。
嫌な事があった後なだけに、更に幸せを感じさせるのだろう。


■評価:【S】
(終盤は【S+】で旨さには大変満足)
高価な葉巻だが、支払った高額の意識付けによる味覚補正を差し引いても、掛け値なしに旨い。
前半と中盤はおとなしめの旨さで、価格に対して疑問符が付いたが、終盤の旨さは価格以上に素晴らしい
このクラスの葉巻を喫うと、仕事で疲れた頭を真っ白にしてくれて、素の人間としての自分に戻してくれる。
区切りとなる仕事を終えた時や、全てをリフレッシュしたい時には、またこの葉巻を喫いたい。
決して安くはなく、デイリーシガーとしては手が届きにくいが、どんな吸い方でも安定した旨さであり続ける完成度の高さは特筆もの
ハバナらしい、旨味と一体の甘味を堪能できる、素晴らしい葉巻だった



■購入
通販購入用リンク:
コイーバ シグロ3 <キューバ産>
● 【購入は上記をクリック】 (1本 2600円)