タバカレラ コロナ (TABACALERA)

画像


評価:【B-】
価格:300円/本
時間:60分
分類:プレミアムシガー
生産:フィリピン
サイズ:コロナサイズ(長さ:140mm 太さ:16.5mm)
加湿:0ヶ月(店舗で数ヶ月)


■見た目
見た目は濃いめの褐色、しっかり巻かれた感じで、にぎった感触は硬め、中身が詰まっているように感じる。
表面は、格安とはいえ、まあまあキレイ。
よく見ると粗さがある。
リングを剥がしてヒュミドールに並べておけば、遠目から見れば高級葉巻に見えなくも…いや、高級葉巻には見えないか。

着火、19:40。

■序盤
着火直後~序盤、かなりおとなしめ。
おとなしすぎて、スパスパ吸いたくなるのをじっと我慢。
基本となる味は煙草としての旨味。
かすかにアンモニア風味と酸味。
辛味、苦味、共にあまり感じない。
主役は旨味なのかな?という自信が持てない感想を持つ位に、全てがおとなしすぎる。
灰の色は綺麗な白。

■中盤
中盤、各種の味のアピールが少し強まる。
ゆっくり確認しながら吸いたい感じ。
酸味、辛味、苦味がそれぞれ微妙に増した感じで、基本の旨味は強くなり、それらが合わさると、アンモニア風味はあまり目立たなくなる。
個人的にはこの味は旨いと感じられる。
しかし、うっとりする旨さではなく、ふむふむ、と口を動かしながら味を確かめる、というレベルの旨さ。
主役はどれだろう?という感じで、変化しながら合わさったようなバランス。

■終盤
終盤、特徴が強く出てくる。
間隔をあけて休みつつ吸いたい感じ。
先程まではバランスの中に隠れていたアンモニア風味が、強く前面に押し出されてアピール。
酸味と苦味がそれらよりは少し遠慮がちに、しかし確実に一歩ずつ増してくる。
基本の味わいだった旨味は、それらに隠れ、助演的な役割に後退。
主役は間違い無くアンモニアの強い風味。

■リング際
リング際、更に変化。
先程までの強いアンモニア風味は、強烈というレベルに。
苦味もかなり前面まで出て来て、アンモニア風味と混ざり合い、それらが混合して主役を張る。
旨味は、かすかに感じることが出来るレベルまで後ろに隠れる。
その他の味わいは、もはや未熟な私の舌では感じることが困難か。

■リング部分
リング部分、また変化?
リング部分に到達すると、苦味とは違う何か、例えるならばただひたすらに濃い奴、コクと言うべきか、それが全速力で前に出て来た。
それが全てに勝り、全ての味わいが隠れてしまってよく見えなくなる。
いや、相変わらずアンモニア風味はしっかりとよく見える。
しかしひたすらに濃い奴、コクが問答無用の主役に成り代わる。
この部分の味は、アンモニアから意識をうまく外せたら、旨いと感じることができる。
アンモニアから意識を外せる前提ならば、コクに集中してじっくりと味わっても良さそう。

■後味
20:40、喫い終わる。
ちょうど60分。
ちなみに、喫い終わった後も、残り香的にアンモニア風味は口内に残っている。
後味としては、あまり良い印象ではない。
しかし、フィリピンものはこういう特徴なのだ、と達観できたならば、忌み嫌うようなレベルではないはず。


■評価:【B-】
(アンモニア風味から意識を外せるとまあまあ旨い)
変化に富んだ60分、飲み物を一切飲まずに味わった。
300円という激安価格でプレミアムシガーを愉しめる事を考えれば、フィリピンもの特有とされるアンモニア風味の捉え方次第で、デイリーシガーとして扱えるのでは
個人的には、いかにアンモニア風味から意識を外すかが、この葉巻との上手な付き合い方のように思える。
飲み物の選び方、飲み物の投入のタイミングや、会話の開始、など、未熟成の場合はその人なりのアンモニア風味の回避方法が見つかれば、また、熟成済みならばそのままで、充分に愉しめると思われる。
私が次にこの葉巻を嗜む時は、序盤と中盤は飲み物なし、終盤以降はコーヒーのような強い飲み物があってもよいのかも。
終盤以降はアンモニア風味が強かったので、葉巻だけに集中せず、談笑しながらコーヒーなどの飲み物と共に、という愉しみ方が向くのでは。
ヒュミドールで加湿管理をした後に、加湿済みの味わいをまた記録したいところ。


■購入
通販購入用リンク:タバカレラ コロナ 1箱(10本入り)
● 【購入は上記をクリック】 (1箱 10本3000円)



★★★★★知人レビュー追記★★★★★

(以下は筆者の知人による同葉巻レビュー。参考まで。)


●K氏レビュー

23:40 着火

■序盤
味がよく分からない。
うっすらとした旨みと、甘みの奥から、今までの葉巻では嗅いだ事のない香りとコクが感じられる。そして微かな酸味。
その正体を確かめようと早く吸うと、辛みが出てきてますます確認しにくくなる。
鼻に煙を通すと、煙がしみるとか、ニコチンによる辛みと言った馴れ親しんだもの達とは異質な刺激が薄く感じられる。
これが噂に言うアンモニア臭か?
チョコと合わせてどうにかしようと思い、チョコフレークを食べつつ 吸ってみる。残念ながら改善がみられない。
酸味を殺してみようとキレートレモンを持ち出す。キレートレモンを飲んだ後、吸ってみる。
すると、酸味が消えた分、独特の臭いが前面に来てしまう。
逆に、煙を吸ってから、キレートレモンの味の変化を見てみる。酸っぱさがかなり打ち消される。
どうも、葉巻自体の酸味がかなり強い模様。

■中盤
慣れてきたのか、ほんの少し、吸える味になる。
が、ちょっと旨いとは言えない。
全体像がぼやけたまま、その密度が濃くなって行く。
何が主役か相変わらず分からない。
旨味ではない事は確定。
どうしようコレ。

■終盤
必死で良い所を探すが、見つからない。
必死さが吸う速度を上げ、辛みと独特の香りがましてくる。
さらに短くなってくると、また変化が。旨味やコク、甘みも濃くなって来る。
しかし、それ以上の速度で酸味と独特の香りが増す。その香りさえ無視できればそれなりの味になるのだろうが、どうしても鼻に行ってしまう。
色々と難しい。
24:35喫い終わる(約55分間)、というか後10分位は吸えそうなのを強制消火。

評価:【C】
個人的には危険物
一ヶ月加湿して、表面に白カビを生じている状態だと言うのに、コレは厳しい
プライベートストックのような野生的な煙草自体の荒々しさではなく、禍々しい何かを感じる。
トラウマになった、という人物の心境が納得できる逸品
スマトラが今から怖い。


●H氏レビュー

■序盤
鼻にも喉にも辛みがくる。
味がよくわからない。

■中盤
良い所が見つからない。
初めて吸った葉巻がコレだったら葉巻を吸うようになっていないと思う

■終盤
終わりに近づくにつれ吸いやすくなるが、不味い。
皆で葉巻吸ってる時って、旨い、ここが旨い、と言い続ける幸せな時間だけれど、コレは不味い、マズいと呟き続ける辛い時間になりそう

■評価:【C】



■購入
通販購入用リンク:
タバカレラ コロナ 1箱(10本入り) <フィリピン産>
● 【購入は上記をクリック】 (1箱 10本3000円)