カマチョコロジョ ぺディ(CAMACHO COROJO)

画像



評価:【A-】
価格:700円/本
時間:60分
分類:プレミアムシガー
生産:ホンジュラス
サイズ:コロナサイズ(長さ:139mm 太さ:16.07mm)
加湿:店舗で加湿管理


■見た目
深い褐色、マデュロカラー。
表面は綺麗で、艶消し風のスベスベ感。
触れるとまあまあ柔らかい。
香りは、かなり濃いコーヒー豆系の香りで、熟成を連想させる。
かすかに酸系の香りもあるか?

着火、11:55。

■序盤
いきなり、強い味わい。
コクと苦味とスパイシーが、それぞれ中々の強さで届く。
ほろ苦さを含んだ味わい。
コーヒー豆系というか、ナッツ系というか、難しいところ。
コクのある苦味にスパイシーが加わり、荒さを感じて旨い。
吸い込みは良好。
灰の色は白。

■中盤
幾分か、味わいの強さが落ち着く。
苦くて濃くて旨いエスプレッソを頂いている感覚に近い味わい。
バラバラ感の感じられたコク、苦味、スパイシーが、合わさってひとつの旨いまとまりになり、スパイシーは単体としては感じられないまとまりとなる。
ゆっくり味わうと、誤認かもしれない程に微かな甘さを感じる。
やはりこれは、食後のエスプレッソ感覚、落ち着けて旨い。

■終盤
ずっと落ち着きのある、ビターな味わいを通している。
このあたりでは、コクが増し、多少のコーヒー系の酸味が出る。
酸味が苦手な筆者だが、この酸味はウェルカム。
コクや苦味を引き立てる性質の酸味であり、むしろ存在している事が好ましい。
また多少のスパイシーを感じられるようになる。
変化の特性は、大きな変化はないが、常に心地良い範囲での変化なので、安心して苦味を特徴としたエスプレッソぽい旨さを味わえて好印象、嫌な感覚は一度もない。
どうしよう、濃いめの苦味が旨くて気に入ってしまった。
リング部分以降はコクとニコチンが強さを増すので、穏やかに終わりたい場合はリング部分で終わらせるのも良いが、フィニッシュ感覚を得る為には喫っても良い。
勿体なさと余韻の穏やかさのどちらを取るか、ささやかな葛藤。

■後味
12:55、喫い終わる。
苦味を中心としたエスプレッソぽい感覚にも関わらず、後味には驚く程穏やかな苦味しか残さない。
後々にも強い苦味が残ると嫌な状況もあるだろうが、そのような感覚はない。
後味は心地良く、口直しは不要だろう。


■評価:【A-】
(安定して旨い苦味を味わえる良い葉巻)
スタートから一貫したコーヒー若しくはエスプレッソのような味わいが旨い
変化で性質を変えてしまうことはなく、性質を保ったまま苦味のバリエーションを愉しませてくれる
ランチ後に喫ったが、後味を含めて大変素晴らしい。
当然、夜にも向くだろう。
初めて手を出したブランドだが、この旨さを体験すると、同ブランドの他の銘柄も試したくなる。
安くて旨いデイリーシガーとして、全く申し分ない
苦味と書いているが、是非、苦味に苦手意識がある人にも試して欲しい一本



■購入
通販購入用リンク:
● 【購入は上記をクリック】 (1本 700円)