H.アップマン コロナスジュニア(H.UPMANN)

画像



評価:【A】
価格:700円/本
時間:40分
分類:プレミアムシガー
生産:キューバ
サイズ:デミタスサイズ(長さ:115mm 太さ:14.29mm)
加湿:店舗で加湿管理


■見た目
オーソドックスな茶色。
表面に多少の凹凸はあるものの、概してキレイ。
触れると芯が硬いが周囲は柔らかい。
香りは木のような香りがしっかりめに届く。
チューブの内径にはぐるり杉シートが巻かれている。
蓋にコルクはない。
アップマンはJ.F.ケネディが愛したブランドだが、彼は他の銘柄のアップマンを喫っていたそうだ。

着火、12:05。

■序盤
木系の旨味は、上質なもので旨い。
しかもかなりしっかりした味わい。
コクもあり、若干の香ばしさもある。
芳香が豊かで、木系の旨味を後押ししている。
木系の旨味の中には、ハバナ葉らしい強めの甘味が存在しており、旨い。
若干、吸い込みが硬めの個体か。
灰の色は白に黒が混ざり、グレーっぽい。

■中盤
コクとスパイシーが少し強さを増す。
中心は木系の旨味であり、その中には甘みも存在。
サイズは小さいが、味わいは本物で、旨い。
辛味や苦味は無く、旨味と甘味、コク、スパイシーが適切に折り重なっている。
良いバランス。

■終盤
コクとスパイシーが更に増してくる。
しかし、これでも旨味や甘味と肩を並べる程度。
総じてバランスの良さは保たれており、旨い。
余計な風味は感じさせず、ハバナらしい旨味と、それに内包された甘味とを中心に据えている味わいは、好印象。
そこにコクとスパイシーが絡む感覚。
リング部分を過ぎると、コクが中心になる。

■後味
12:45、喫い終わる。
後味は最終盤に増したコクと、その裏にほのかにある旨味。
リングに到達しないうちに終われば、旨味や甘味を後味として残せるだろう。
コクに強さはないので、口直しは不要。


■評価:【A】
(木系の旨味と甘味を中心に味わい続けることができる)
序盤から終盤まで、上質な旨味と甘味
ハバナらしい木系の旨味の中に甘味も内包されている感覚
両方が等しい大きさに感じられる特徴があり、それは他のハバナ葉ものと比較した際の特徴になる
コクやスパイシーは存在するが、徐々に増すものの、主役にはならず、控えめな増し方。
バランスがよい味わいで、旨い。
このサイズにしては価格が700円なので、激安レビュー的には少し高いかなと思ってしまうが、キューバのハバナ葉もので有名ブランドという事を考えると、味わいの質も高く、嫌な局面は全く無く、価格相応に旨い
国内ではあまり売っている店を見かけないのが難点か。
安くて旨いデイリーシガーとして申し分ない


■購入
通販購入用リンク:
●【購入は上記をクリック】(1本 700円)