ディプロマティコス No.2(DIPLOMATICOS)

画像



評価:【A+】
価格:2000円/本
時間:65分
分類:プレミアムシガー
生産:キューバ
サイズ:ピラミデサイズ(長さ:156mm 太さ:20.6mm)
加湿:店舗で加湿管理


■見た目
長大なサイズである。
色は明るめの茶色。
見た目は筋が目立ち、ゴツゴツ感があるが、巻きは丁寧でぴっちり巻かれている。
触れると、ふんわり柔らかく、中に芯のように硬いところがある。
香りは、乾燥気味の木の香りと、若干ながらスパイシーぽい香りがする。
ディプロマティコスは初めてなので、楽しみ。

着火、12:10。

■序盤
木系の旨味の、豊かな芳香と味わい。
それに合わさるナッツ系の風味が、中々に強い。
香ばしさもある。
殆んど気にならない程度のスパイシーさも存在するか。
仄かに苦味を感じ取れる。
印象としては、木系の旨味と合わさるナッツ系風味。
吸い込みは良好。
灰の色は白。

■中盤
木系の旨味の中に、甘味も見つけることができる。
ナッツ系の風味は、ナッツ系と鰹節系の中間的な風味に変化する。
やはり多少の苦味も存在しているが、これはあまり目立たない。
複合的な味わいであり、複雑な旨さを感じる。
複合的な味わいは、人によっては、雑だ、と捉えるかもしれない。
しかし、入り混じったバランスを感じられて、筆者は旨いと感じる。

■終盤
木系の旨味と芳香はしっかりしている。
これまで控えめだった苦味の強さが増してくる。
合わせて、スパイシーや香ばしさも盛り上がりを見せる。
味わいとしては、旨味が真ん中にあり、香ばしさやスパイシーや苦味が微量ながら旨味を取り囲んでいる感覚。
このあたりも複雑な旨さを感じる。
複雑さの中から、時折はっきりと甘味が顔を出す。
かくれんぼをしているかのようで、中々に面白い。
それにしても、味わいの強さはかなりのもの。
終盤では、風味、というより、味!というはっきりした強い味わいである。
上品さには欠けるのだろうが、それぞれの味わいは、旨味!甘味!コク!香ばしさ!スパイシー!苦味!と、いかりや長介がドリフメンバーに点呼をしているかのように力強い。
これだけの種類の味わいが、お互いに負けまいとして主張してくるものだから、各個にちゃんと味わえて、相変わらずに複雑で旨い。
もっと上達すると、もっと旨いんだろうな、と思わせる葉巻。

■後味
13:15、喫い終わる。
約65分、複合的に入り混じったバランスの旨さを堪能。
後味も複雑で、旨味、甘味、苦味、コク、香ばしさ、の順番に口内に残る感じ。
口直しをせず、後味もふむふむ、と感じていたい。


■評価:【A+】
(様々な味わいが複合的に旨い、味を感じるスキルアップ練習によいかも)
木系の旨味の中に甘味、そして木系の芳香、これらは中心として常に存在する
その周囲に、香ばしさ、スパイシー、コク、苦味などの味わいが、バランスを変化させながら主張する
風味もナッツ系から鰹節系を感じさせたり、多様に変化する
筆者がもっと上達したならば、きっと更に旨いんだろうな、と感じさせる葉巻。
勿論、嫌な感覚は無かった。
国内の普通の葉巻屋さんではあまり見かけないが、海外輸入のお店では見かけるので、試してみてはいかがだろうか。
2000円するが、喫う価値はある
中々に旨い葉巻だった


■購入
通販購入用リンク:
●【購入は上記をクリック】(1本 2000円)