プラセンシア TKO ドルチェ(PLASENCIA)

画像



評価:【B】
価格:400円/本
時間:40分
分類:プレミアムシガー
生産:ニカラグア
サイズ:ペティコロナサイズ(長さ:102mm 太さ:17mm)
加湿:店舗で加湿管理


■見た目
色は濃いめの茶色、マデューロカラー。
見た目は葉脈も少なく、割とキレイな肌。
触れると割と硬い。
香りは、コーヒー豆のような香ばしさが強い。

着火、17:20。

■序盤
コーヒー系の香ばしさが強い。
他に、辛味に近いスパイシーが口内や鼻粘膜を刺激する。
煙には、クリーミーな濃厚さがあり、まるで舌で煙の形を感じられるかのようである。
香ばしさやスパイシーの影に隠れてしまっているが、旨味も感じられる。
吸い込みは良好。
灰の色は白。

■中盤
それぞれの味わいがしっかりしてくる。
コクも出てきて、濃厚な強さ。
先程はあまり感じなかった苦味がかなり前面に出てきている。
コクと苦味とスパイシー、という感じだろうか。
一部のマデューロカラーの葉巻にありがちな傾向だが、無理矢理にコクやロースト感をひねり出そうとしているように感じられて、あまり良い印象ではない。

■終盤
コクが極大となる。
コクしか感じられない程に、コクが巨大な存在になっている。
その裏には、コーヒー系の香ばしさ、コーヒー系の酸味、苦味、までは何とか感じることができる。
味わいは人それぞれに好みがあるという前提で、筆者にはどうにも大味すぎて愉しむ傾向にはないように思える。
ただし、パワフルなものをガツンと味わって、それらに全て塗られてしまいたい、という心境の時には向くのだろうか。
マズくはないが、旨味には乏しく、コクや香ばしさや苦味を欲するならばアリかな、という感覚。

■後味
18:00、喫い終わる。
約40分間、大きな味に支配された。
後味はコクが中心、苦味や香ばしさが残る。
口直しは、した方が無難。


■評価:【B】
(コーヒー系の香ばしさにコクや苦味、旨味は乏しい)
コーヒー系の香ばしさが中心、スパイシーは時折出てくる
コクが盛り上がり始めると、それが中心になり、その他の味わいが目立たなくなる
強引にローストされたようなコクや香ばしさを出そうとしているように感じてしまう
マズくはなく、しかし旨味に乏しく、濃いコクや香ばしさや苦味を味わいたい時には良いのでは
価格は400円と安いので、試してみるのもよいだろう


■購入
通販購入用リンク:
プラセンシア TKO ドルチェ 1箱(25本入) <ニカラグア産>
●【購入は上記をクリック】(1本 400円)