サンルイレイ レジオス(SAINT LUIS REY)

画像



評価:【S-】
価格:1500円/本
時間:70分
分類:プレミアムシガー
生産:キューバ
サイズ:ロブストサイズ(長さ:127mm 太さ:19.05mm)
加湿:店舗で加湿管理(白カビあり)


■見た目
オーソドックスな茶色。
筋はあるが、巻きは丁寧。
触れると、しっとり柔らかい。
香りは、湿り気のある木の香りがする。

着火、11:38。

■序盤
第一の印象は、強めの鰹節系風味とその芳香。
その次の印象として、旨味が届く。
甘味は感じられにくいが、旨味の近くに少量ながら存在する。
やはり、強めの鰹節系風味の近くには、塩系のスープのような風味があり、落ち着くにつれて確認しやすくなる。
よくダシのきいた塩系スープのような感覚。
とても落ち着ける旨さ。
吸い込みは標準よりもかなり軽い。
灰の色は白。

■中盤
中々に落ち着いた味わいとなる。
鰹節系と塩系と旨味とが連携して、それぞれが等しい大きさになる。
それにより、ミックスされた落ち着きのある味わいとなる。
苦くも辛くもなく、何とも奥深い、それでいてシンプルな旨い味わい。
上品な京風料理のような、ダシを中心として味わいは控えめ的な旨さ感覚。
片燃え傾向が出ている。

■終盤
ダシ系の風味が増してくる。
分解すると、鰹節系と塩系の混合風味がダシ系風味の素材か。
同ブランドのコロナスと同様に、特有の味わいであり、特有の旨さであるダシ系の特徴を感じられる。
木系の旨味という味わいも確実に存在する。
味わいは濃くないのだが、風味は強く、芳香も強い。
とても落ち着く旨さ。
落ち着きすぎたのか、灰を落とした後の火種部分がだいぶ凹んでいて、気付かずに少しペースが落ちていた様子。
ダシ系の落ち着いた風味により気付かないでいたが、多少コクが増してきていた。
全体がマイルドに、かつ、濃厚になり、フィニッシュ付近を形成している。
例えるならば、薄味の鍋が最後に煮詰まって濃厚な味わいになる様子に似ている。
サイズ恩恵によるものか、サンルイレイ特有のダシ系は、コロナスよりこの銘柄の方が豊かである。

■後味
13:47、喫い終わる。
落ち着いた味わいの為、少しだけペースが遅かったかも。
後味も落ち着いたもので、旨味のほか、ダシのような感覚が口内に残る。
口直し等は不要だろう。


■評価:【S-】
(A+クラスかもしれないが、他にはない特有のダシ系の味わいに敬意を表してS-)
他では味わえない傾向であるダシ系の風味
同ブランドのコロナスよりも、こちらの方がそのダシ系風味を上質に満喫できる
コロナスが1400円、レジオスが1500円なので、100円差ならばレジオスが良い
木系の旨味も豊かであり、一度も嫌な感覚はない。
とても沈静作用があり、ゆったり落ち着けた。
心なしか、日本人の和食文化に似合うテイストだと感じてしまう。
特有のダシ系、一度は体験してほしい
1500円という価格だが、味わっておいて損はない


■購入
通販購入用リンク:
サンルイレイ レジオス <キューバ産>
●【購入は上記をクリック】(1本 1500円)