ジノ プラチナム セプター ショーティー(ZINO)

画像


評価:【A-】
価格:1500円/本
時間:60分
分類:プレミアムシガー
生産:ドミニカ
サイズ:(長さ:114mm 太さ:17mm)
加湿:店舗で加湿管理


■見た目
皆さんご存知の通り、ジノとはダビドフのセカンドライン。
その中のジノ・プラチナムは、現代のクリエイティブ界で活躍する有名クリエイターとパートナーシップを結ぶ事により誕生したブランド。
ブレンドにこだわった芳醇な香りと味わいを最初の一口目から楽しむために、あえて小さめのサイズを展開している。

色は少し黄色の入った明るめの茶色。
見た目に筋は少なく、巻きは丁寧、しっとり肌。
触れるとふんわり柔らかい。
香りは、木系の香ばしい香りが漂っている。

着火、19:05。

■序盤
着火直後、豊かでハッキリとしたナッツ系がどかんと届く。
確かにプラチナムシリーズの特徴として謳っているように、届き方としては一口目から明確。
ナッツ系の主役の奥には、これまたハッキリとした甘味が存在。
芳香も豊かで、ナッツ系の芳香を中心とし、微量ながら甘い花のような芳香が混ざる。
概して軽やかな味わいで、気楽に喫える。
吸い込みは標準。
灰の色は白にグレーが混ざる。

■中盤
ナッツ系の奥から、控えめなスパイシーが登場する。
これはナッツ系と相性が良く、一体的に届く性質のスパイシーで、あくまでもナッツ系を主役として出しゃばらないため、気軽な旨さがある。
心なしか、主役のナッツ系は更にハッキリとしてきている。
そして、従卒としてのスパイシーを連れている感覚。

■終盤
ナッツ系を主役としつつも、スパイシーが追い付いてきて、ほぼ等しい大きさとなる。
徐々にスパイシーが増してきて、場合によっては完全に追い越してしまう。
コクも増してきているが、それ程に大きくはならない。
序盤と比較すると、気軽というよりは、重厚なナッツ系とスパイシーへと変化して終了。

■後味
20:08、喫い終わる。
後味は濃厚なコクとナッツ系。
スパイシーも控えめながら残る。
割と重めの後味、口直しまではいらないが、何かを飲んでさっぱりするのも良い。


■評価:【A-】
(ナッツ系を中心とし、スパイシーが増してくる)
序盤の一口めからナッツ系がハッキリしている
しばらくはナッツ系が増してくる感覚だが、中盤は適度なスパイシーが脇役となり、旨いバランス
終盤はスパイシーが追い越して、同時にコクの重さも出るものの、それ程の強さではない
概して気軽な部類、ナッツ系とスパイシーがメイン
価格を考えると、ナッツ系とスパイシーだけでは大味な印象があるので、もう少し様々な味わいがほしいところ。
しかし悪いわけではないので、試してみる価値はある。


■購入
通販購入用リンク:
ジノ・プラチナム セプター 【ショーティー】 <ドミニカ産>
●【購入は上記をクリック】(1本 1500円)