ダビドフ プリメロス(DAVIDOFF)

画像


評価:【S】
価格:950円/本
箱価格:5700円/6本
時間:45分
分類:プレミアムシガー
生産:ドミニカ
サイズ:長さ:104mm 太さ:13mm
加湿:店舗で加湿管理

■見た目
このサイズながら、れっきとした手巻きプレミアム。
ダビドフの中では標準的味わいとされている、ダビドフNo.2とまったく同じブレンドで手巻きされている、という触れ込み。
吸い口はカットされていないので、自分でカットしてあげる必要がある。
管理の良いお店で購入したので、状態は良好。

色は明るい茶色、少し黄色が入るような色か。
表面は極めて綺麗で、ラッパーの継ぎ目が分からない程に丁寧な作り込みであり、葉脈等は目立たない。
触れるとふんわりと柔らかく、ふんわりと押し返してくる弾力性もある。
香りは甘い木系の香りで、心なしかナッツ系にも感じられる。

着火、19:05。

■序盤
カットしてみて改めて感じたが、やはりとても柔らかく作られている模様。
躊躇いながらカットすると、じんわり押しつぶしながらカットすることになり、切り口が猫目形状になりそう。
喫うと、一口目から驚いてしまう。
こいつは、チョイ喫い用のミニシガーではないぞ、と思わせるような、本格的な味わい。
口内には、ダビドフNo.2にも見られる特有の味わい、ナッツ系にも感じられるような、しかし甘い花のような、そんな甘味を含む木系の旨味と豊かな芳香がいっぱいに広がる。
No.2と配合が同じと言うだけあり、似た特徴がよく出ている。
太さが細すぎず、太すぎず、絶妙なので、味わい豊かでありながら、気軽に喫えてしまう。
吸い込みは良好、というよりは、少々軽め。
灰の色は、ほぼ白のグレー。

■中盤
旨いのと、吸い込みが軽めなのとで、パカパカと喫い進んでしまい、一瞬で中盤に。
旨さや芳香は相変わらず素晴らしいところに、少しだけコクが増して、丸みというか、まろやかさを感じさせる。
感じるかどうか、という程度のスパイシーさも現れ、程よい変化を味わえる。
この手軽なサイズで、これだけ本格的な味わいを愉しめるとは、幸せなことである。
煙量はお手軽サイズなりの煙量なので、味わいにパワフルさは感じないが、上品な中に旨さを感じさせる印象。

■終盤
終盤で煙量が増えた。
煙を口内の舌の上に置いておくと、じんわりと舌に甘味や旨味を与えてくれる。
終盤のコクにより、煙はいっそう滑らかでクリーミーになる。
多少のスパイス感覚とコク感覚により、小柄ながらも終盤の頑張りを見せてくれている。
事前にサイズ的に侮っていた為か、これはダビドフそのものじゃないか、ううむ、と唸ってしまう。
最後はスパイス感覚とコク感覚とが更に増してきて、プレミアムらしいフィニッシュの盛り上がりを用意してくれている。
いやあ、旨かった。

■後味
19:50、喫い終わる。
持つ指が熱くなるまで喫ってしまった。
後味は豊かな木系の旨味で、かすかな花のような甘味も後味に再現されている。
後味は中々に図太く、ハッキリと感じさせる。
上質な味わいに、上質な後味、余韻を楽しみたいところ。


■評価:【S】
(缶入りお手軽プレミアムだが、本格的な味わい)
サイズ的に侮ってスタートしてしまったが、さすがにNo.2と同じブレンドと言うだけあり、本格的な旨さを味わえる。
ダビドフらしい花のような甘味を伴う木系の旨味は、豊かで素晴らしい。
序盤は繊細な味わいで強さに欠けるが、中盤以降にコクとスパイス感覚とが加わると、ハッキリ感を増す。
缶入りお手軽プレミアムでありながら、ここまで旨いとは、もはや反則。
ダビドフに肩入れするつもりはさらさらないのだが、旨いものは旨い。
特に日中、ランチ後やコーヒーブレイク等、手軽に楽しみたいあらゆるシーンで最適なチョイスとなり得るだろう。
欠点は1本950円の高価な価格くらいだが、それでも喫う価値があると思われる質の高さ。
個人的には、これだけ本格的で質が高い味わいなのだから、缶入りではなく、持ち運べる杉の小さな木箱に入れて販売してほしいところ。


■購入
通販購入用リンク
ダビドフ プリメロス [6本入り] [缶入り] プリメロスサイズ
●【購入は上記をクリック】(6本 5700円)