マカヌード アスコット カフェ(MACANUDO)

画像


評価:【B+】
価格:270円/本
箱価格:2700円/10本
時間:30分
分類:プレミアムシガー
生産:ドミニカ
サイズ:長さ:106mm 太さ:12.7mm
加湿:店舗で加湿管理

■見た目
いわゆるプリトスサイズ。
缶入り10本で、手軽に吸える。

色はオーソドックスな茶色。
表面は浮きや筋は見られず、びっちり巻かれているが、缶入りの為に断面が四角く変形。
触れると固めながら少しの弾力あり。
香りは鰹節とレザーの中間的な熟成香が強め。

一本ずつセロファンに包まれている。
吸い口はカットが必要。

着火、14:45。

■序盤
一口目から、豊かな旨味。
香りと同様に、鰹節とレザーの中間的な味わい。
煙はクリーミーでまろやか。
微細な苦味と微細な辛味といったノイズ的な多少の雑味感覚はあるものの、甘味も豊かに感じられ、差し引きすると良い印象。
吸い込みは良好。
灰の色は白。

■中盤
変化としては、味わいが濃度を増してくる。
やはり鰹節とレザーの合わさった味わい。
このあたりでは、辛味とは言えないものの、舌にピリピリ感が出てくる。
雑味と思われたものの中から成長してきた、味わいの裏に隠れた辛味、といったところか。
その分、甘みが隠れがちとなる。

■終盤
コク感覚は、かなり増す。
プリトスだと甘く見ていると、中々にしっかりとしたコクとなった。
煙は変わらずクリーミー、この感覚はドライのプリトスサイズには見られず、プレミアムのプリトスに特有の特徴では。
味わいはレザーより鰹節寄りとなり、木系の風味が強まる。
そこにしっかりしたコクが乗り、ピリピリした刺激が加わる。
気付かない程度の酸味もあるか?
落ち着いた印象ではなく、賑やかな印象のまま、フィニッシュ。


■後味
15:15、喫い終わる。
後味は木系の旨味が穏やかに残る。
口直しはしなくて良い。


■評価:【B+】
(鰹節とレザーから始まり、終盤は賑やか)
鰹節とレザーの風味は面白く、旨い。
徐々にコク感覚が増す中、ピリピリしたスパイス感が出てくる。
煙は常にクリーミーで、プレミアムぽさを感じさせる点は良い。
終盤はコクと辛味と酸味とが出てきて、賑やかになる。
異なるジャンルでの比較はタブーだが、プレミアムの本品とドライのロメオプリトスの味わいと比較すると、味わいとしてはこちらが若干劣るか。
しかし煙の感覚はドライのロメオプリトスは粒子感覚があり、こちらはクリーミー。
安価なので試してみる価値はある。



■購入
通販購入用リンク:
マカヌード アスコット [10本入り] [缶入り]
●【購入は上記をクリック】(10本 2700円)