ベガスロバイナ ファミリア CB(VEGAS ROBAINA )

画像


評価:【S-】
価格:1600円/本
時間:60分
分類:プレミアムシガー
生産:キューバ
サイズ:長さ:140mm 太さ:16.67mm
加湿:店舗で加湿管理

■見た目
初、ベガスロバイナ。
40エーカー程の農園の葉は、80%程度が輸出用のシガーになるという高級品だそうな。
葉は、アップマンと同じ工場で巻かれているとか。

色は、コーヒー豆やチョコレートを思わせるすこし暗い茶色。
表面は滑らかで丁寧に巻かれている。
触れるとふんわり柔らかい。
香りは湿度ある木系の熟成した香りと、コーヒー豆をローストしたような香りとが混在する。

着火、20:00。

■序盤
着火直後、花のような甘い芳香がある。
旨味には、揮発性の風味というか、樹脂性の風味というか、独特の風味を伴っている。
甘味はあまり感じないが、微妙ながらカラメル系の甘味を感じ取れる。
辛味などはない。
いわゆる土系、アーシーな感覚がある。
重めのシガーと聞いた事があるが、それにしても序盤から随分とシッカリしている。
一般的な葉巻の中盤以降のシッカリ感覚ではないだろうか。
吸い込みは良好。
灰の色はほぼ白。

■中盤
灰がきめ細かくキレイで、とても美しく燃焼してくれている。
土系の旨味を、より感じるようになってきた。
そこに先ほどの揮発性又は樹脂性の風味が乗っかり、目隠しをして吸ったら絶対にキューバ産とは答えないだろうな、という味わいとなる。
先ほどのカラメル系の甘味は殆どないが、花のような甘い芳香はある。
これらは総じてドミニカ産の葉巻に感じる事が多い風味。
誤解してほしくないが、これは悪口ではなく、土系が大変旨い。
旨さと珍しい風味に興味を寄せている為か、割とパカパカ喫ってしまう。

■終盤
コクが増し、強さを感じるようになる。
クリーミーな味わい。
土系の風味を基本としつつも、時々、僅かながらスパイス感覚を感じられるようになる。
知らぬ間に重厚感が増してきており、クリーミーなコクがそれらをまろやかにしてくれている。
土系、花のような芳香、揮発性の風味、クリーミーなコクがそれぞれドンドン増してきて、控えめでささやかなスパイス感がアクセントとなり、絶頂を迎えつつ、終了となる。
ハバノスものとは思えない特徴で、楽しめた。

■後味
21:00、喫い終わる。
後味は濃厚で甘さある旨味。
喫っている時よりも強い甘味を感じられるので、楽しい後味。
口直しはしない方がよい。


■評価:【S-】
(土系のキューバ産、強さはあるがパカパカ喫えてしまう)
着火直後からある甘い花のような芳香は最後まで素晴らしい。
旨味は土系で、苦味や雑味のない質の良い土系。
甘味はカラメル系や花系の甘味が時折微かに顔を出す。
序盤からそれなりのコク感覚があるが、ひたすらにクリーミーさを出す傾向のコクなので、重厚感はそれほどなく、ウマウマと喫えてしまう。
まるでドミニカ産の味わいなキューバ産、楽しく喫えた。
体験すべき独特な葉巻。



■購入
通販購入用リンク:
ベガスロバイナ ファミリア [キャビネット] [キューバ産]
●【購入は上記をクリック】(1本 1600円)