キャンドルライト スマトラセニョリタス(CANDLELIGHT)

画像


評価:【A-】
価格:100円/本
箱価格:5000円/50本
時間:30分
分類:ドライシガー
生産:ドイツ
サイズ:長さ:100mm 太さ:12mm
加湿:店舗で加湿管理

■見た目
色はオーソドックスな茶色。
表面は丁寧に巻かれており、葉脈もキチンと処理されている。
触れるとふわりと柔らかい。
香りは、比重の軽いバルサ材のような、ライトな木系の香り。
そこに、少々の熟成香がしている。

吸い口は初めからカットしてあるが、用意されている吸い口の直径は10mm近くもあり、少々大き過ぎるような気がする。

何はともあれ、このサイズのドライシガーでは手頃で格安なもの。
味わいが良ければ、充分にデイリーシガリロに取って変わる事が可能なだけに、興味津々。

着火、14:20。

■序盤
良い意味で期待を裏切り、良質な木系の旨味と、鰹節風味が届く。
煙量は中々に豊富。
概して印象は良好で旨い。
若干ながら、鼻に抜ける揮発性の高い(燃料系の様な?)何らかの香りがあるか。
しかし、それも気にするような悪いものではなく、アクセントとして成り立っている性質のもの。
吸い込みは良好。
灰の色は白にグレーが混ざる。

■中盤
軽い印象の木系の旨味、鰹節風味+揮発性風味、といった味わい。
そこに、時折、鋭角なピリっとした辛味が重なる。
と、文字にすると中々に辛そうに見えるが、薄くアクセントとして、の辛味である。
少々のコクが加わったか?

■終盤
コクと辛味とが均等に増してくる。
そして、中心の部分には木系の旨味。
少し遅れて、鰹節系。
このバランスは好ましい。
喫うと、味わいは一体のもので、複雑に重なり合ったものをフムフム、と味わう。
そして、後味では、時間差で一つずつの味わいが消えてゆく。
最初に辛味が消え、次にコクが消え、木系が消え、最後に鰹節風味が残る。
したがって、味わいのそれぞれを分解しやすいし、味わい個々の成分を感じる感じ方が独特で面白い。
そうこうして楽しんでいると、気付かぬうちにフィニッシュを迎えていた。

■後味
14:50、喫い終わる。
後味は木系の旨味と鰹節風味。
口直しは不要。


■評価:【A-】
(大人しい木系の旨味と鰹節が主役、バランスが良い)
一口目から、良質な木系の旨味と鰹節風味。
これらが基礎となり、最後まで安定した旨さを提供してくれる。
途中、辛味とコクが適量ずつ訪れ、変化を与える。
終盤のあたりでは、記載したような独特な味わいの楽しみ方ができ、とても楽しめた。
味わいそのものの完成度としては上を見ればキリがないだろうが、平均的旨さと、終盤の楽しさを勘案すると、コストパフォーマンスは素晴らしい。
これならば、ビリガーエクスポートやアジオハーフコロナなどのローテーションに加えても全く差し支えないだろう。



■購入
通販購入用リンク:

●【購入は上記をクリック】(50本 5000円)