ティアモ ワールドセレクションシリーズ メキシコブレンド(TE AMO)

画像


評価:【B+】
価格:500円/本
時間:60分
分類:プレミアムシガー
生産:メキシコ
サイズ:長さ:114.3mm 太さ:19mm
加湿:店舗で加湿管理

■見た目
Cigar afficionadoでも90点を取った事のある、メキシコの代名詞的ブランド。
今回は、ワールドセレクションシリーズという、各地域ごとのスペシャルブレンドものから、メキシコのブレンドをチョイス。
楽しみである。

色は褐色。
表面はしっとり滑らか、綺麗な巻き。
触れるとふんわりした表面の弾力、中は硬い。
香りは、酸味と鰹節の合体したものを連想させる熟成香が強烈に届く。

着火、22:10。

■序盤
一口目から、ローストされたコーヒー豆の香ばしさと旨味成分が、上質に届く。
とても遠くに、コーヒー系の良い酸味と、スパイス感覚がある。
ワンコインの葉巻としては中々のスタート。
吸い込みは良好。
灰の色は濃いめのグレー。

■中盤
香ばしさは、新たに加わった良質の苦味とあいまって、主流を作り出す。
次いで旨味。
更にその次には、かすかな酸味とスパイス感覚。
落ち着いた雰囲気で味わえるバランス。

■終盤
香ばしさ、苦味、酸味、コクが一列に並ぶ。
スパイス感覚のみ、少々遅れている。
全体的に強さを増してきているが、旨く吸える範囲のもの。
ワンコインであることを考えれば、健闘してくれている。
最後はコクが増してきて満足感あるフィニッシュ。

■後味
23:10、喫い終わる。
後味はコク感覚が主体、各種味わいが遅れて届く。
口直しは不要だが、コーヒーを飲んでも良いだろう。


■評価:【B+】
(コーヒー豆をローストしたような香ばしさや旨味が良い)
スタートからフィニッシュまで、中々に落ち着いた味わい。
かといって重すぎず、強すぎず、楽しみつつ吸える。
香ばしさと旨味が中心にあり、周囲で酸味や苦味やスパイス感覚がアクセントを作る。
格安葉巻の部類で健闘している葉巻、一度試してみる価値はあるだろう。



■購入
通販購入用リンク:(リンク先はドミニカブレンド)
ティアモ ドミニカ・ブレンド [メキシコ産]  ワールドセレクションシリーズ
●【購入は上記をクリック】(1本 500円)