クアバ ヘネロソス(CUABA)

画像


評価:【S】
価格:1600円/本
時間:60分
分類:プレミアムシガー
生産:キューバ
サイズ:長さ:132mm 太さ:16.67mm
加湿:店舗で加湿管理

■見た目
独特なダブルフィギュラドというシェイプをしているが、それが作り出す特有の味わいの変化は中々に筆者好みなので、楽しみである。
色はオーソドックスな茶色。
表面は丁寧な巻き、吸い付くような肌。
触れるとしっとりふんわり弾力あり。
香りは湿度ある木系の落ち着いた良い香り。

着火、19:45。

■序盤
着火点は面積が非常に小さく、極小の火種からのスタート。
しかし、この一口目が繊細で何とも旨い。
やはりクアバのスタートでは、揮発性燃料のような、良い意味でクセになる香りが漂う。
極小の火種は、急速に最大径へと向かう。
この変化がたまらない。
旨味は中心にありながら、急激に大きさを増す。
また、揮発性の風味も大きさを増し、別個に尖ったスパイス感覚が登場する。
大人しいスタートから、一気にクライマックスを迎えるかのような大胆な変化が素晴らしい。
通常の葉巻のピークのような濃厚な味わいがわ最大径の序盤にあるようだ。
吸い込みは良好。
灰の色はダークグレー。

■中盤
着火直後にある最大径を通り過ぎると、味わいに落ち着きが見えてくる。
ドカンと与えられた太い旨味と各種風味は、徐々に径が細くなるにつれて、細かな味わいが感じられる方向性へと変化する。
スパイス感覚は少々後退し、木系の旨味や、芳香が豊かになる。
このあたりは、ダブルフィギュラドというシェイプの面白さだろう。

■終盤
通常は、最も強くて濃厚な味わいのはずの終盤だが、クアバではちょっと事情が異なる。
序盤の最大径からドンドンと径が細くなるので、終盤では最も径が細くなる。
従って、コクや味わいが濃密になる終盤に、更なる落ち着きが得られる。
パンチ力よりも、落ち着いて細かな味わいを味わえる印象だ。
旨味よりコクやスパイス感覚が追い越す段階なのだろうが、この葉巻では逆に旨味がコクやスパイス感覚を追い越してゆく。
最期まで楽しい、素晴らしい葉巻。

■後味
20:45、喫い終わる。
後味は木系の旨味、揮発性の風味。
口直しは不要。


■評価:【S】
(シェイプにより逆再生的な変化を楽しめる)
やはり面白い。
独特のシェイプにより、火種は極小→最大径→細く→更に細く、という変化をする。
当然ながら、味わいも独特の変化をする。
通常なら、繊細→濃厚、という変化をするのだろうが、この葉巻は、繊細→濃厚→徐々に繊細、という変化をする。
中心軸は木系の旨味、揮発性の風味。
そこにスパイス感覚、コクがアレンジを加え、それらを終盤には旨味が追い越す、という素晴らしさ。
是非試してほしい一品。


■購入
通販購入用リンク:
クアバ ヘネロソス [キューバ産]

クアバ ヘネロソス [キューバ産]
価格:1,600円(税込、送料別)


●【購入は上記をクリック】(1本 1600円)