ロメオYジュリエッタ ミルフレイユ(ROMEO Y JULIETA)

画像


評価:【A+】
価格:1100円/本
時間:70分
分類:プレミアムシガー
生産:キューバ
サイズ:長さ:129mm 太さ:16.7mm
加湿:店舗で加湿管理

■見た目
色は少しだけ明るめ。
表面は丁寧に巻かれており、浮きはない。
触れると硬めの中にもしっとりふんわり。
香りは微細ながら鰹節系を感じられる。

着火、20:34。

■序盤
一口目、木系の上品な旨さ。
その中に、遠くから花の蜜と砂糖とを混ぜたような、ほんのりとした甘味。
ロメオらしい、安心できる、安定した味わい。
少し喫い進めると、かすかに鰹節系も合わさってくる。
優しく、マイルドな印象。
とても喫いやすい。
吸い込みは良好。
灰の色はグレーに黒が混ざる。

■中盤
このあたりから、若干のピリリとした辛味が感じられる。
しかし、わざわざ言うほどのものではなく、ベースは木系の旨味。
そして微細な鰹節系、太めの甘味。
他のロメオと比較すると、甘味よりは旨味に主眼を置いているように感じられる。
いずれにしても、安心できる、安定した旨さ。
強くもなく、かといって弱くもない。
味わいがしっかりしつつも、気楽に味わえている。

■終盤
旨味のほか、コクも中心的役割を担う。
そこに、先ほどよりハッキリした辛味もアクセントを加える。
辛味はコクによりまろやかな印象となり、鋭角な印象ではない。
総じて、まったりとした旨い味わい。
鰹節系は注目しなければ感じられない程度まで後退する。
このあたりは濃度の高い味わいで、強くはないが味わいに満足感を感じられる。
ウマウマと味わううちに、フィニッシュを迎えてしまった。

■後味
21:40、喫い終わる。
後味は濃厚なコクと旨味。
口直しはしない方が幸せ。


■評価:【A+】
(旨味を軸とし、甘味と鰹節系で装飾)
他のロメオと比較して、心なしか甘味依存が少ない気がする。
旨味を中心に、甘味はアクセント的な役割。
鰹節系も上品で、良い特徴を与えている。
終盤ではコクにより全体がマイルドとなるも、強さは感じない。
全体を通じて、強くなく、しかし味わいはきちんと楽しめる。
気楽で気軽な部類であり、オススメできる良い葉巻。



■購入
通販購入用リンク:

●【購入は上記をクリック】(1本 1100円)