ホセエルピエドラ ミニシガリロ(JOSE L PIEDORA)

画像


評価:【A+】
価格:70円/本
箱価格:1400円/20本
時間:20分
分類:シガリロ
生産:キューバ
サイズ:長さ:78mm 太さ:7mm
加湿:店舗で加湿管理

■見た目
色は少し黄色の入った茶色。
表面は割と荒々しく葉脈などが見られる。
触れるとふんわりやわらかい。
香りは、香ばしい木系の中に、甘味と辛味を連想させる香りが同居している。
格安のキューバンシガリロだけに、興味深い。

着火、23:45。

■序盤
鰹節系を伴う木系の旨味からスタート。
煙量は多く充分にあり、心なしか煙はクリーミーな感触。
辛味は少なく、木系の味わい主体、といった構成が心地よい。
かすかながら甘味があるか。
吸い込みは良好。
灰の色は黒っぽいグレー。

■中盤
コクが増し、辛味も登場する。
しかしコクの割合が強く、旨味をコクが包み、まろやかにした状態で、若干の辛味も感じられる、といったバランス。
奥深さや懐部下さには欠けるかもしれないが、味わいの質やバランスは中々に優れている。

■終盤
辛味が前面に出てくる。
コクに包まれた木系の旨味に対して、別行動的に辛味が前面に出る。
従って、辛味を単体で味わった後に、コクと木系の味わいを楽しむ、というバランス。
口内に長く煙を留めておくと、大変に面白い。
辛味がさーっと広がり、それらが薄れると、全体にフワッとコクに溢れた木系の旨味が充満する。
そこには鰹節系や揮発性油系(樹脂系?)の風味も存在し、中々に旨い。
持つ指が熱い終盤こそが面白いシガリロ。
終盤の時点での灰は、旨く味わう為にも、特に長めに準備しておきたいところ。

■後味
00:05、喫い終わる。
後味は辛味と、コク+木系の旨味。
口直しはしない方が面白い。


■評価:【A+】
(木系の旨味は鰹節系と樹脂系を含み、上質なコクと、単体の辛味)
一本の単価70円という価格帯は安価カテゴリに含まれると思われるが、味わいは中々のもの。
木系の旨味は鰹節系や樹脂系を内包し、終始安定して楽しい味わいをもたらしている。
そこに上質なコクが合体し、まろやかさと、ふんわりした霧の中から旨味その他の上質な味わいが現れるようなアクセントを構築してくれる。
辛味に関しては単独行動気味だが、悪い意味ではない。
コクと旨味の主役の前に出て、ファーストインパクトを辛味が奪う。
しかし、口内に煙を長く留め、その辛味が薄れると、コクによる霧のようなまったり感が現れ、そしてそれがまた薄れると、最終的に旨味各種がふわりと現れる、そんな、一口内での楽しい変化を見せてくれる。
そういった意味では計算された辛味とコクであり、とても好印象であった。
これは旨いシガリロ、デイリーとするに値すると思われる。



■購入
通販購入用リンク:

●【購入は上記をクリック】(20本 1400円)